トライアルパーツ/サスペンション関連

ご注文(お問い合せ)、在庫確認 →CLICK!


コツコツ突き上げ感はこれで解消!
ナンノさんが作った・・・劇的!とても乗りやすくなるFフォークチューニングKIT
「PROSAS」
(製造販売:アップダウン社)

 

商品画像

トライアルにウルサイおじさん、ナンノさんは、Fフォークの突っ張り感に不満を持っていて「なんとかならないか」と常々思っていました。仲間のTR車に乗っても、みんな同じように突っ張った感じ。研究熱心なナンノさんは初期作動をなんとかソフトにして乗りやすいTR車にできないものかと考え、カラーをバネに替えて試行錯誤を続けました。そして、仲間の協力を得て、ついに乗りやすいFサスへと変身させることに成功! これが「PROSAS」です。
Fフォークの初期作動を改善して小さな凸凹を抵抗なく吸収。大きなショックに対してはFフォーク本来の「踏ん張る」性能へとバトンタッチするように設計。交換するだけで驚くほど乗りやすくなります。特にTY-Sには効果絶大!!

RTL-R、RTL-F、SHERCO、SCORPA(パイオリ)など1本バネ仕様車用

3,300円(税込)

SHARCO、TY-S/LongRideなど2本バネ仕様車用

5,970円(税込)

*倒立フォーク仕様の車種と、左右ダンパー調整機能がある車種には対応していません。

 

PROSASを作った ナンノさんの話


常々、手首にツンツンくる感じが気になっていて、何とか乗り心地やセクショントライがよくならないものかと思ってました。
そしてふと気付いた方法を色々試してみて、やっとストライク!となりました。メーカーさんや有名チューニングショップの方々にはワルイですが、こんな簡単にカセットポン!同様で自分のFフォークが別物になるのです・・・。出来上がるまでにダメになった試作品が山盛りになりましたがネ。


じつはPROSASを作るキッカケは、中・上級者が自身の持てるテクニックを十分に発揮できるようなマシンにしたい、と思ったから・・・。」曰く、大きな段差に向かう途中、小石でグラッときたり、急坂の手前の小回りターンでウオッシュアウト、また段差に登った途端バランスを崩したり、下りの凸凹ではラインを選べずア~ッと落ちるように失速気味。


これらの現象がライダー自身の技量の至らなさであるかのごとく納得されていること、、、。つまり本来トライアル教室の諸先生が教えてくれるようなトライアルポイントに行き着く前、またはその後にも”トライアルテクニック?を使わなければならないという現実。シマッタ!とちょい足もその辺りで出るのです。
そんな時、マシンがライダーの助け(トライアルマシンなのだから小さいショックぐらいは吸収しなさい!)になり目標の難関に進入できたら、随分と成績も良くなる筈なのです。